没落貴族ちゃんの日記

自分語りばっかです、自己満足です。

自己責任に押しつぶされる人

自分自身について悩んでいてかつ向上心のある方は

大体が自己啓発本などに手を出すであろう。私もその一人だった。

 

ADHDで毒親持ちなので精神が不安定でこんなダメな自分をなんとかしようといろいろ自己啓発本を読んだ。

 

例えば、林修厚切りジェイソン堀江貴文アドラー心理学(嫌われる勇気)などなど

だけど、どれも結果的に追い詰められてしまった。

 

 

 

アドラー心理学については記憶はあいまいだが、あなたがOOなのはXXが嫌だからそうしているだけなのだ!みたいな、割と自己責任論的なお話の内容だった。

 

 

自分をさらに高めたいビジネスマンなどにはとても良い内容だが、自分自身のダメさが嫌になって改善しようと思って手に取ると精神的によくない。(端的に言うと精神療法のために自己啓発本を読む人がよくないのだ

 

 

なぜならば、そういう人はもう十分に自分を責めて自分が嫌になっているからだ。

 

 

 

私の友人が似たような状況だった。

大学の人間関係、バイト先、などなどうまくいかない。

どうして自分はこんなにだめなんだろうと、自己啓発本を片っ端から読んでいた

 

 

「OOちゃんは自己啓発本たくさん買って読んでるでしょ?でもそれって自己責任みたいな内容だから余計につらいよね。

半分ぐらいは環境や運や周りのせいにすればいいんだよ!

学校の成績とか本人の努力も大事だけど親の年収が関係しているってデータは実際にあるんだし、裕福な家に生まれるか生まれないかはどうしても運だし、全部本人の責任じゃないと思うんだ」

 

 

と話したらかなり涙を流していた。

 

 

それだけ自己責任に追い詰められてたんだろうと思う。

 

 

だからこの本を紹介しておいた。私が言った内容はこのphaさんの本の受け売りだったりするからだ。

www.amazon.co.jp

悩みを相談してくる人にはとりあえずphaさんの本に書いてあるような内容を人に話すと「こんな風に言ってくれた人あなただけだよ」と言われることが多い。あえて叱咤激励はしないようにしている。

 

その辺の自己啓発より緩くて読んでいてある程度人生が楽になれる内容だ。

そこまで頑張らなくていいって言葉を求めている人、頑張りすぎている人、特に生きづらさを感じている人

 

 

とにかくいろんな人におすすめ!